· 

目玉焼きゲーム!

子供たちにとって英語は遊び。

 

ブランコで遊んだり、砂場で遊んだりするのと同じ。

 

だから考えないで、楽しめばいい。

 

今日は目玉焼きに見立てて

 

単語とりゲーム フライ返しを持ちながらやってみました!

 

 

 

英語が嫌いな中高生は「暗記が苦手」とよく聞きます。

 

勉強と思うと楽しくない。

 

 

 

「絵」として単語をみることができるのは

 

小学生の良いところ。

 

目玉焼きをみる子供たちの目はきらきらで

 

フライ返しで取りながら

 

”あっちっち!” という声も聞こえてきて

 

笑い声がたくさん。

 

 

 

アルファベットのちょっとしたルールを知って

 

数多く触れること。

 

出会いの数が多ければ多いほど

 

潜在意識に入ります。